マウスピース矯正

矯正歯科

小児矯正

成人矯正

マウスピース矯正

矯正症例

料金表

よくある質問


小児歯科

虫歯予防

よくある質問

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

マウスピース矯正について

・見えない矯正治療
・目立たない矯正器具
・通院回数の少ない矯正治療

を、ご希望される方にオススメします。


マウスピース矯正とは、約2週間毎に新しいマウスピースに交換しながら一日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。
マウスピース矯正を始める前に、内側から装置を使って横幅を拡大したり、歯と歯の間を少し削ることで歯の並ぶ隙間を空ける必要があります。

「透明」であるということ

マウスピース矯正装置は薄い透明のプラスティクでできているため、装着してもほとんどわかりません。

矯正治療中であっても口元の見た目を気にせず笑顔を見せることができます。


相手に伝えない限り、おそらくは誰も治療を受けていることに気づきません。
約2週間ごとにマウスピースを順次装着することにより、少しずつ歯が移動し理想的な歯並びへと近づきます。


透明、自分で取り外し可能、しかも快適

マウスピース矯正装置は自分で取り外しが可能なため、ブラッシングがし易く、他の矯正装置と比べ歯にプラークが着きません。
またワイヤーを使用しないため、口の中を快適に保つことができます。


日頃の多忙なライフスタイルにも支障はありません。自分で取り外し可能なので、食生活もこれまで通り行えます。
歯磨きやフロスにも全く影響がないので、歯と歯周組織の健康をこれまで通り保つことが出来ます。

3ヶ月に1度の通院

1.痛みがほとんど無い
ブラケットを使用しないため装置が粘膜や舌へあたる痛みや、それによる口内炎が生じることはありません。
矯正治療中は上下の歯を咬んだ時にマウスピース全体に力が分散するため、移動中の歯に特に痛みを感じるということがありません。新しいマウスピースに交換した直後はしめつけられるような感覚(痛みと違和感の間くらいの感覚)がありますが、数分から数時間で消失します。


2.取り外しができて衛生的
マウスピースは取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。
従来型の矯正装置のように装置と歯面の間にプラークが沈着することがないので矯正中は歯や歯周組織を健康に保てます。
また、マウスピースは歯ブラシで簡単に洗浄ができ、いつも綺麗に保つことができます。


3.食べたい物がたべられる
食事の時は装置を外すことが可能なので、従来の矯正装置のような食事のたびに食べ物が装置にからみつくわずらわしさがありません。
食事制限がないため矯正をはじめる前と同じような食生活が可能です。


4.金属による悩みも解消
マウスピース矯正装置はプラスティック製のため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。
重篤な金属アレルギーの方でも安心して矯正治療が可能です。


5.透明で目立たなく、しゃべりやすい
マウスピースは薄く透明なので、歯につけていても目立たないのが大きな特長です。
歯茎までの薄くなめらかな装置なので裏側矯正装置のような厚みや凸凹がないため喋りづらさや発音障害がありません。
接客業務などの仕事をされている方にも気軽に矯正を始めることができます。